プライバシーマークの取得や支援システムの導入で業績向上

メンズ

代行業者のサービスと利点

電話する男性

様々なアウトソーシングサービスの中で、電話代行が多くの企業に利用されるようになりました。電話代行では、企業に掛かって来た電話を企業の代わりに代行業者が対応してくれます。

Read

電話番号から不着率削減

デスク

企業が発信するダイレクトメッセージの不着率が高い場合、企業にとっては無駄なコストが発生したことになります。電話番号クリーニングサービスを利用することで宛名データから無効となる宛名を特定することができ、不着率を減らせます。

Read

Pマークの取得支援

PCを操作する男性

企業を経営するにあたって、個人情報の管理が適切に行えているかどうかは重要なポイントとなっています。また、近年では個人情報の管理を適切に行なっていたとしても、それを証明する必要性がでてきました。証明するためには日本情報経済社会推進教会にプライバシーマークの認定を行なってもらわなければなりません。この認定を受けているかどうかで、他企業からの信頼も大きく変わってくるでしょう。
プライバシーマークの取得には企業にとって様々なメリットがあります。まず、企業内において従事する従業員の個人情報に対する意識を高めることができ、情報漏洩防止をはかることができます。2015年より実施されているマイナンバー対策にも関わってくるため、大きなメリットといえるでしょう。また、数多く存在する企業の中には、プライバシーマークの認定を受けていない会社とは取引をしないといった企業も存在します。認定されることで、そういった企業との取引が可能となり、認定されていないライバル企業と差をつけることができるのです。しかし、このプライバシーマークを日本情報経済社会推進教会に認定され取得するためには、難しく厳しい項目をクリアしなければなりません。確実に認定され取得するためにはそれを支援してくれるコンサル会社に協力してもらうことをお勧めします。コンサル会社では、プライバシーマークに関する豊富な知識と取得実績をもっているため、適切なアドバイスと教育を行なってくれるでしょう。

CRMの効率的な案件管理

オフィス

CRMと呼ばれるシステムを企業に導入することで、より功利的な案件管理を行うことが可能です。効率的な案件管理を可能にすることで、適切な営業活動や企業の成長を実現することができるでしょう。

Read